Yahooプロモーション広告 プロフェッショナル認定試験に合格しました

WEBの仕事話

先週、私は「Yahooプロモーション広告 プロフェッショナル認定試験」に落ちた。(860点以上必要な試験で、惜しくも836点だった)

勉強中も、試験中も、正直「これはとったな・・・」と思っていたので、試験終了時のスコアを見た時は、かなりショックだった。試験用PCの前で放心状態だった私は、さぞかしアホ面を晒していただろう。

その記事はこちらに書いた。


しかし、敗戦は痛かったが(財布的にも)、一度受けて、どれくらい勉強したらよい試験かは何となくつかめた。

さらに、落ちた次の日、取引先の代理店の方に、「いやー落ちちゃいました。情けない」と泣き言をはいたら、

「いえ、一発で受かったら凄いですよ。しかも代理店でない人が。ウチでも、2~3回受ける人は普通で、私も1度目はよく落ちますし」と言われた。

続けて、「大体、1度落ちたら傾向がつかめるので、2回目は20~30点上がることが多いです。なので、836点だったんなら、2回目は多分受かりますよ!」と、力強いお言葉をいただけた。

単純な私は、「そっか・・・。ならやっちゃう?やっちゃう?」と、すぐに6日後の試験を申し込んだ。油断は2度としない。

YDN、特に動画広告関連がらみを勉強していなかったので、念入りに復習した。また、Yahoo広告のヘルプサイトを徹底的に読み込んだ。この6日間は、仕事と食事と睡眠と、ブログとお気に入りサイトの巡回以外は、全て勉強に注ぎ込んだほどだ。

なので、今回は相当に自信があった。満点とったらどうしよっかな~、くらいの余裕ぶりである。この自信は、試験中も変わることはなかった。「あっ、これ満点だわ」と手ごたえを感じていた。

結果がこちらである。

まさに首の皮一枚。1点でも低かったら、また不合格だった。あっ、あぶねー。

今度は安堵感から、またPC前で放心状態になっていた。そろそろ放心太郎とあだ名でもつけられているかもしれない。田舎だから受験者少ないしね。前回も、今回も、2人しかいなかった。

二回受けて分かったが、やはりこの試験、相当に難しい。これから試験を受ける人がいたら、贈る言葉がある。それは「完璧を目指せ」という事だ。

おそらく7問以上間違えると、合格は厳しくなる。難しい問題の配点が高いのだろう。80問中74問(92.5%)は正解しないといけないので、ケアレスミスを考慮すると、完璧を狙うくらいでないと厳しい。

ネットで調べると、

公式サイトの過去問、ジッセンの講習動画、公式ラーニングポータル、公式ヘルプサイトを使った勉強を勧められ、私も一通り試したが、

実感として、こちらの「公式ヘルプサイト」の読み込みが一番大事と感じた。

ヘルプ - Yahoo!広告
Yahoo!広告を使用する際の手順や広告管理ツールの使い方を確認できます。

もちろん、過去問、ジッセンの動画も大事だが、それでは足らない。ジッセンの動画だけで大丈夫、と書いてあるサイトもあるが、それだけではまず受からない。

問題では、細かい数値、仕様の違いについて多く聞かれる。なので、ヘルプサイトの細かい内容を、トコトン暗記するのが、高得点をとるには重要となる。

私の場合、ヘルプを読んで知らなかった内容は、全てメモ帳に書き、復習していた。それでもギリギリだったのだから、いかに知識の「正確さ」が問われるか、という事だと思う。

ふぅ、今日は珍しく誰かの役にたつ記事が書けた気がする。これからSEMで飯を食っていく人には必須の資格だと思うし、頑張ってほしい。

さて、最後に公式サイトのリンクを貼るか、と思ってみたところ・・・

Yahoo!広告(リスティング広告) - Yahoo! JAPAN マーケティングソリューション
Yahoo!広告(リスティング広告)

見直しのため、試験休止・・・だと・・・?まじですか。

もしかして、次からは全然違う名前の資格になったりするんだろうか。

アドバンスって、ゲーム機みたいでダサイと思ってたので、もっとカッコイイ名前になるなら、正直羨ましい。

残念ながら、私の渾身を込めたアドバイスは、今年9月までの賞味期限になりそうである。みじか。

殆どだれも見てないブログなので、心配はいらないと思うが。ご利用は計画的に。